世界漁業廃止デーと「魚は何者なのか」キャンペーン

世界 漁業廃止デー(WoDEF)

世界 漁業廃止デーは毎年3月第四土曜日です。

この日は、「海洋問題」に注目してもらう日です。つまり、人々が普段ほとんど考えもしない、感情・感覚を持つ海の動物の存在について、また、その動物たちが生きている現実と直面している暴力について気づいてもらうための日です。
その問題に関心を持つ団体や個人が、水生動物の搾取を止めるよう訴え、動物との連帯を表す機会です。

この活動では、環境問題界にも支援してもらえるよう、関心を持ってもらえるよう働きかけています。魚、甲殻類、頭足類にも、かけがえのない命があります。個々の存在として、海の動物たちの基本的権利を守ることが海洋環境保護キャンペーンで大事なことです。

世界 漁業廃止デーは、公の場で、水生動物の搾取を止めるよう求める機会です。つまり、漁業と水産養殖場の禁止を求めるのです。それが一晩で現実になるわけがありません。私たちが今すべきことは、水生動物がどのように扱われているかを知らせることです。水生動物の搾取がなくなる日が早く訪れるように、水産業の廃止が実現可能となるように、私たちは、水生動物の搾取についての沈黙を破るのです。

 

『魚を見つめ直そう』 キャンペーン

 

世界 漁業廃止デーは、『魚を見つめ直そう』というキャンペーンの一部です。それは、水生動物に人々の目を向けさせ、その搾取を終わらせることを要求するキャンペーンです。2016年にスイスとフランスで始まり、2017年に国際的運動になりました。

世界漁業廃止デーがうまくいくよう、動物、ベジタリアン、ヴィーガン、環境などに関する団体、市民が、世界各国で同時に、情報を拡散しメディア受けするイベントを催します。

参加のしかた を参照)

JAP_camp.png

魚を見つめ直そう (logo)

このキャンペーンで伝えたい情報は三つの大きなテーマに分かれています。

水生動物にも心理的作用(感情、認識能力、個人的・社会的行動)があることを知らせる。

• 水生動物をどのように苦しめ殺しているかという観点から、漁業と養殖業が意味することの意識を高める。

• 倫理、種差別について知らせる。そして、知性を持つ他の動物の基本的権利を考慮する必要があること、社会全体でその搾取を止めるべきことを要求する。

このキャンペーンは様々な形で行われます。

魚、漁業、養殖業専門の多言語ウェブサイト <fish.info> 「魚情報」を2017年に作成viande.info 「肉情報」にちなみ

水生動物や漁業などについての講演会の開催。

活動用品(チラシ、パネル、ビデオ、旗、SNS用の画像など)の多言語翻訳。これらのファイルは個人・団体が自由に使えるようにする。
水生動物とその搾取についての12枚のパネル展示。英語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語、ドイツ語、イタリア語、ヘブライ語、日本語、中国語。パネル画像はこちら「魚はどんな動物」。
 
キャンペーンに協力し、「海洋問題」をテーマに作品制作してくれるアーティストの募集。作品はウェブサイトやSNSで公開。
 
動物の苦しみに市民の関心を向けるための、また法律を変えるための、法的措置。

その他、公での活動:パフォーマンス、抗議、学校での声がけ、絵のコンテスト、など。

それぞれのイベントで、動物、ベジタリアン、ヴィーガン、環境保護などの団体と協力するようにする。

 

世界 漁業廃止デー と 『魚を見つめ直そう』キャンペーン の組織団体は?

スイスの PEA - Pour l’Egalité Animale (動物の平等のために)という団体が、世界 漁業廃止デー と 『魚を見つめ直そう』キャンペーンを主導しています。同団体が2015年から「世界 種差別廃止デー」を組織し、そのもとで世界中で様々な活動が行われています。

PEA団体は2017年にスイスロマンド(フランス語圏スイス)で「海洋問題」を中心に活動する予定です。そして、「海上屠殺場」である漁船にスポットライトをあてるために、同団体が各国の団体に、たくさんの活動とイベントを開催するように提案しています。

「世界 種差別廃止デー」の一環として行われた2016年8月27日のジュネーブ行進デモの際にも、海洋問題が中心でした。また、パリの べジプライド においても、同年10月以来、この問題をターゲットにしています。このキャンペーンは、今後ますます、多くの国で行われ、多くの団体のサポートをうけ、運営されるようになるでしょう。

世界 漁業廃止デー、そして『魚を見つめ直そう』キャンペーンにご参加ください。そして、海洋問題の解決に向けて一年を通してイベントを行ってください。参加のしかた をご覧ください